マイクロテクニカ製品サポートFAQ
[一覧] [1つ前に戻る] [マニュアル及び各種ダウンロードページへ]
【USB-MOD-US】基本的な使い方について
■概要

本製品はパソコンのUSBポートと接続することで、仮想COMポートをパソコン側に作り、UART通信(2線式)をするためのモジュールです。
ICにはシリコンラボラトリー社製のCP2102が使用されています。


■ピンアサイン

本体のピンアサインはシルク印刷されていますが、下記のようになっています。
なお、UART通信のTXとRXの記号については「接続先のピン名」が記載されていることにご注意ください。

[1] 3.3V : 内部で降圧された3.3Vが取り出せます。

[2] RST : リセットピン、15u秒以上のLowでICがリセットされます。

[3] 5V: Vbusの電圧5.0Vが取り出せます。

[4] TXD: UARTデータの「入力ピン」です。このTXDというのは「接続先デバイスのピン名」です。
本機から見るとRXピンですのでご注意ください。

[5] RXD: UARTデータの「出力ピン」です。このRXDというのは「接続先デバイスのピン名」です。
本機から見るとTXピンですのでご注意ください。

[6] GND: GNDです。

※UART信号のロジック電圧レベルは、0V-3.3Vです。
※各性能、仕様はCP2102に準じます。詳しくはデータシートをご参照ください。

https://www.silabs.com/Support%20Documents/TechnicalDocs/CP2102-9.pdf


■本体LED

本体には2つのLEDがあります。

[POWER] 電源投入後点灯します。

[DATA] UART信号を受信した時一瞬点滅します。(送信時には点灯しません)


■デバイスドライバー

デバイスドライバーは下記からダウンロードできます。OSに応じたドライバーをお使いください。

http://jp.silabs.com/products/mcu/Pages/USBtoUARTBridgeVCPDrivers.aspx


オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです