マイクロテクニカ製品サポートFAQ
[一覧] [1つ前に戻る] [マニュアル及び各種ダウンロードページへ]
ソフトウエアが正しく動作しない時にお読みください
各種ソフトウエアを実行しても正しく動作しない場合や、エラーメッセージが表示されて起動しない場合などには多くの場合次のようなことが考えられます。

・ソフトウエアのインストールが正しくできていない
・常駐ソフトウエア、特にウイルス対策ソフトウエアが、ソフトウエア起動際にプロセスを障害している。その他デバイスドライバーが障害を起こしている。
・.Net Framework環境で動作するソフトウエアでは、.Net Frameworkが正しくインストールされていない。

特に2番目の常駐ソフトウエアがアプリケーション起動の際に障害となっていることが多く見受けられます。実際に動作に問題が発生した場合、どの部分で問題が発生しているかを見極めるため、まず下記の手順で常駐ソフトウエアをすべて実行しない環境でソフトウエアを起動させ、動作に問題が発生するかどうかをご確認ください。

パソコンはお客様の環境により様々です。そのため、問題切り分けのため、まず下記の方法で動作を確認して頂き、常駐ソフトウエアの影響の有無について確認をして頂きますようお願いいたします。

※ウイルス対策ソフトやファイヤーフォールを停止して起動することになります.安全のため念のためにネットワークからパソコンを切り離した状態で作業することをお勧めします.

■すべての常駐ソフトウエア・サービスを停止してWindowsを起動する(Windows7, 8.1, 10)

1,Windows7の場合には、スタートボタンを押して検索ボックスに直接下記のコマンドを入力します。
Windows8.1及び10の場合には、Windowsキーと"R"キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示します。

2,ダイアログが表示されたら、"msconfig"と入力し、エンターキーをクリックします。

3,「システム構成」ダイアログが開きますので、「サービス」タブをクリックします。

4,"Microsoftのサービスをすべて隠す"にチェックを入れてください。リストが更新されますので、"すべて無効"ボタンを押します。

5,続いて「スタートアップ」タブをクリックします。右下にある"すべて無効にする"ボタンをクリックします。

6,この設定で、常駐ソフトウエアはすべて停止し、サービスもWindowsを起動するために必要な最小限度のサービスのみが動作する状態となります。この状態にしたら"OK"ボタンを押します。

7,Windowsを再起動します。再起動後はすべての常駐ソフトウエアやサードパーティー製のサービスが停止した状態でWindowsが起動します。

この状態で問題が発生していたアプリケーションを実行してみてください。問題が発生しないようであれば、何らかの常駐ソフトウエアが原因で障害が発生していたことが確実になります。

この状態でも問題が発生するようであれば、常駐ソフトウエアやサービスなどの問題ではなく、各種デバイスドライバーやソフトウエアのインストール等の問題ということになります。
以下のセーフモードでデバイスドライバーの動作にも制限をかけて、さらに詳しく原因を調べます。

常駐ソフトウエアの問題の場合には、上記のmsconfigにて1つずつ常駐ソフトウエアを増やしていき、どこで障害が発生するかを確認することでどのソフトウエアによって障害が引き起こされているかを知ることができます。

■Windowsのセーフモードで実行して状況を確認する

Windowsの起動には数多くのデバイスドライバーが読み込まれています。デバイスドライバーとの相性や設定等によって、アプリケーションは様々な影響を受けます。この問題と関係しているかどうかについてはWindowsをセーフモードで実行した後、問題のソフトウエアを実行して正しく起動できるかどうかでおおよその判断がつきます。セーフモード実行時に正しく動作する場合には、ほとんどがパソコンにインストールされている各種デバイスドライバーが原因です。

次の手順でWindowsのセーフモードを実行しましょう。セーフモードの実行の仕方は下記のマイクロソフト様のページよりご覧頂けます。

http://support.microsoft.com/kb/880414/ja

パソコンをセーフモードで起動できたら、問題となっているソフトウエアを起動してみます。これで動作できるかどうかで原因の切り分けができます。

■原因を切り分けてみましょう。

先のmsconfigの常駐ソフトウエアとサービスの停止と、Windowsのセーフモード下での動作状況を合わせて考えると次のように分類できます。

1、msconfigで常駐ソフトウエアとサービスを停止したら正しく動作した場合・・・

常駐しているソフトウエア又はWindowsのバックグラウンドで実行されている各種サービスに原因があることが考えられます。1つずつ常駐ソフトウエアを増やしたり、サービスを1つずつ開始したりすることで原因を探ることができます。


2、msconfigで常駐ソフトウエアとサービスを停止したが問題のソフトウエアは正しく動作しなかったが、セーフモードで動作した場合・・・

原因はデバイスドライバーにあると考えられます。特にグラフィックカード関連のドライバーが古い場合や、不具合を起こしている場合があります。メーカーのホームページより最新版をダウンロードしてドライバーを最新にものにしてみてください。

3、いずれの場合でも動作しない場合・・・

ソフトウエアのインストールやWindowsそのものの状態に問題や不安定な部分がある可能性があります。
一度Windowsを再インストールして頂くなどの処置が必要かもしれません。
別のパソコンをお持ちでしたら別のパソコンに問題となっているソフトウエアをインストールして動作を確認するなどしてみてください。
オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです