マイクロテクニカ製品サポートFAQ
[一覧] [1つ前に戻る] [マニュアル及び各種ダウンロードページへ]
PIC18F系での割込の優先/非優先について
PIC18F系では、割込の機能が強化され割込の種類毎に、その割込を優先にするか、非優先にするかのプライオリティを割り当てることができます。

PBPではこの割込プライオリティベクタ(優先/非優先)には対応しておりません。
よって、次のようになっておりますのでプログラムを記述する場合にはご注意ください。


・プライオリティモードの設定が無効の場合(初期状態、デフォルト状態)
割込プライオリティベクタモードはPICの電源ON時又はMCLR等によるリセット時は無効になっておりPIC16シリーズ互換モードになっています。よって何も特別な操作をしなければPIC16シリーズと同様に動作しますので、割込の優先や非優先という設定は無関係になり、PBPでは従来通り割込が使えます。
どの割込が発生しても常に、On Interrupt Goto Labelで指定したLabelに飛びます。

割込プライオリティベクタモードの有効/無効は、RCONレジスタのIPENビットで行います。

・プライオリティモードの設定が有効の場合

IPENビットを1にすると、割込プライオリティベクタモードが有効になります。この場合使用する割込について、優先か非優先かに割り振ることができますが、PBPはその機能には対応しておりません。
PBPではプライオリティベクタモードが有効の場合、優先モード(プライオリティ)に設定した割込のみ動作します。非優先に設定した割込は動作しません。
よって、意図的にIPENビットを1にして、プライオリティベクタモードを有効にした場合には、使用する割込についてはプライオリティベクタモードをを優先にしてご使用ください。


オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです