マイクロテクニカ製品サポートFAQ
[一覧] [1つ前に戻る] [マニュアル及び各種ダウンロードページへ]
MicroCode Studio起動時に「エントリ ポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント ThunkConnect32 がダイナミック リンク ライブラリ KERNEL32.dll から見つかりませんでした。」と表示される
Windowsのシステムファイルに問題がある環境下で、MicroCode Studio(MCS)を起動すると、「エントリ ポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント ThunkConnect32 がダイナミック リンク ライブラリ KERNEL32.dll(もしくは違うdll名) から見つかりませんでした。」というエラーが表示される場合があります。

このエラーはMCSが表示しているエラーではなく、MCSが起動時に呼び出すファイルについてWindows側に問題がある時に発生することが報告されています。
また、Windowsにインストールされているグラフィックドライバーに問題がある場合にも表示されることが報告されています。

■エラーの概要と対策

1.グラフィックドライバーの問題
MCSが起動時にアクセスするパソコンのグラフィックドライバーに問題がある。

http://support.microsoft.com/kb/330159/ja

・グラフィックドライバーをアップデートしてください。
・Windows Updateを実行してWindowsのコンポーネントを最新の物にしてください。


2.Windowsのシステムファイルが古い場合
Windowsそのもののシステムファイルに問題があります。古いタイプのプリンタ等デバイスドライバーをインストールした時、該当するdllが古いものと置き換えられた場合などに発生します。

・プロシージャエントリポイント ThunkConnect32 がダイナミックリンクライブラリ


3.MicroCode Studioの再インストールをしてコンポーネントを最新にする
次の手順でMicroCode Studioを再インストールしてください。(MicroCode Studio Plus利用の場合)

3-1.下記からセットアップファイルをダウンロードします。
http://www.mecanique-web.co.uk/downloads/mcsp-si.exe

3-2.ダブルクリックして実行します。

3-3.MCSPXのセットアップ画面が表示されますのでお客様のMCSPXのシリアル番号を入力します。

3-4.入力したら,"Deregister this machine"のチェックボックスにチェックを入れます。

3-5.入力したら,"Next"ボタンを押して続行します.
これでアクティベーションの解除ができました."Close"ボタンを押して閉じます。

3-6.MCSをアンインストールします。Windowsのコントロールパネルを表示させて「プログラムと機能」をクリックしてインストールされているプログラム一覧を表示させ、その中から「MicroCode Studio Plus(MCSPX)」を選択して「アンインストール」ボタンを押します。

3-7.画面の指示に従いアンインストールします。

3-8.アンインストール完了後再度インストールします。「mcsp-si.exe」を実行します。

3-9.お客様のMCSPXのシリアル番号を入力します

3-10.画面の指示に従いインストールをしてください。


4.Windowsのシステムファイルチェッカーでシステムファイルを修復する
Windowsに搭載のシステムファイルチェッカーでシステムファイルを修復してみてください。
操作方法は下記のURLを参考にしてください。

http://support.microsoft.com/ja-jp/help/929833/use-the-system-file-checker-tool-to-repair-missing-or-corrupted-system-files

http://freesoft.tvbok.com/tips/windows/sfc.html


5.インターネットで関連する情報を調べる

エラー「エントリ ポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント ThunkConnect32 がダイナミック リンク ライブラリ xxxx から見つかりませんでした。」と表示されるエラーは、インターネットで色々と報告があります。
主にWindowsでのエラーであり原因の特定が難しい場合が多いですが、類似事例がGoogle等で検索するとたくさん表示されます。
お客様の環境により近い状態でエラーになっているかどうかを調べるため、Google等で「エントリ ポイントが見つかりません プロシージャ エントリ ポイント ThunkConnect32」をキーワードに調べてみて下さい。
該当しそうな内容を参考に修復作業をお願い致します。

http://goo.gl/pTUW1N


■その他の対応策

本問題はWindows側の問題のため、Windowsのシステムファイル又はグラフィックドライバーの更新をして、Windowsのシステムファイルを修復する以外解決方法はありません。
WindowsXPなど古いシステムでマイクロソフトがサポートを終了したものは使用できません。

1.Windows UpdateでWindowsを最新版に更新してください。

2.グラフィックドライバを更新する。
パソコンで使用されているグラフィックカードをデバイスマネージャで調べて、製造メーカー又は使用チップのメーカー(NVIDIAやATIなど)からグラフィックドライバの最新版をダウンロードして更新してください。

※グラフィックカードの型式をGoogle等で検索すれば、ほとんどの場合ドライバーのダウンロードページが見つかります。

3.問題が解決できない場合にはMCSの機能を制限してグラフィックドライバに負荷をかけない方法を試みます。MCSのショートカット(デスクトップにある)を右クリックします。メニューの中から一番下の「プロパティ」を選択します。
プロパティが表示されたら「互換性」タブに移動します。次のように設定します。

・互換モードの所にチェックを入れます。プルダウンから「WindowsXP (Service Pack3)」を選択します。

・設定の所で「256色で実行する」「視覚テーマを無効にする」「高DPI設定では画面スケーリングを無効にする」にチェックを入れます。

・「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れてOKボタンを押して完了します。


以上、方法を試しても問題が解決しない場合、お使いのパソコンのWindowsではMCSは正しく起動できません。
別のパソコンを利用されるか、パソコンのリカバリーをして頂きWindowsのシステムファイルを修復して頂く必要があります。(Windows8以降のパソコンでご利用下さい)


オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです