マイクロテクニカ製品サポートFAQ
[一覧] [1つ前に戻る] [マニュアル及び各種ダウンロードページへ]
認識精度に関するコマンドについて
SR-MOD100には、認識精度を調整するためのコマンドがあります。
通常、認識精度は付属のコンデンサマイクとの組み合わせで最適になるよう設定されており変更、調整は必要ありません。変更することで場合によっては認識精度が落ちることがあり、設定の変更はお奨めできません。

ただし、どうしても背景雑音の影響で認識精度が不安定だったり、付属以外のマイクを使用する場合、マイクからの発声源の距離を調整したい場合には次のコマンドで調整が可能です。
調整に際しては、誤った値を設定したりしないようご注意ください。また適宜認識精度を確認しながら調整を行ってください。またマイクゲインの調整が必要になりますので下記のリンクもお読みください。

http://www.microtechnica.tv/faq/faq.cgi?kate=SRMOD100&faq=2


■コマンド:CMD_LEVEL
コマンド値:76h
解説:SDフレーズのレベルを設定します。
引数:厳正さの設定 (1-5):
1 = 甘い
2 = 標準(Default)
5 = より厳格
期待する戻り値: STS_SUCCESS
※補足:設定値を大きくするとSDフレーズの精度が厳格になり、認識に失敗する可能性が高くなります。


■コマンド:CMD_KNOB
コマンド値:6Bh
解説:SIフレーズの信頼度閾値を設定します。
引数:ノブの設定 (0-4):
0 = 信頼性閾値が最も緩いルーズ
2 = 標準(Default)
4 = 信頼性閾値が最もきついタイト
期待する戻り値: STS_SUCCESS


■コマンド:CMD_MIC_DIST
コマンド値:6Bh
解説:発声源とマイクロフォンの距離設定
引数1:Fixed to (-1) =40h
引数2:距離設定 (1-3):
1 = “HEADSET” (口から3cm〜5cm程度)
2 = “ARM_LENGTH” (デフォルト設定値、口から50cm〜1m程度)
3 = “FAR_MIC” (口から3m程度)
期待する戻り値: STS_SUCCESS


オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです