マイクロテクニカ製品サポートFAQ
[一覧] [1つ前に戻る] [マニュアル及び各種ダウンロードページへ]
uALFATチップ復刻注文受付のお知らせ
※米GHI Electronics社の意向によりuALFATはレガシーなデバイスであり、今後完全収束を検討しているという通知があります。入手できない可能性がありますので予めご了承下さい。
数量がワントレー単位でのお引き合いについて、メーカーに問合せはできますので、もしご希望がある場合には、当方までお問い合わせ下さい。メーカーに問合せ致します。


---------------------------------------------------------------


米GHI社より販売されておりました、FATコントローラIC、uALFAT Chipsetはメーカーの意向により販売を完了し、現在は後継品としてALFAT SoCを販売しております。このコントローラICはメーカーでも在庫を保有しておらず、すでにディスコンとなり生産完了しております。

uALFATは発売からすでに10年が経過しており、昨今のSDカードやUSBメモリーなどメモリー製品の大容量化に対応できなくなってきていることから、ICそのものを変更しSDHCカードなどの大容量メモリーにも対応できる製品としてALFAT SoCへの切り替えが行われました。

uALFATが発売された当時、SDカードやUSBメモリーは一般的に128MBや512MBで普及価格帯のものは1GB未満でした。しかし急速な大容量化が進み、メモリー容量は1GB以上になりSDカードにもSDHC規格が登場。USBメモリーも8GBや16GBのものが主流になりつつあります。
そういったメモリー市場の変化にuALFATでは力不足であり、長年ご愛用頂いたuALFATは販売を終了しその役目を終えました。

しかし、uALFATを以前よりお使いのお客様からはALFAT SoCよりも、操作・制御について熟知したuALFATをなんとか使えないか、取り寄せできないかというお問い合わせをしばしば頂いております。
基本的にuALFATとALFAT SoCではコマンド体系が似てはいますが、互換性はありません。またハードウエアの互換性はありません。そのためuALFATを引き続きお使いになりたいというお声があるのも事実です。

当方ではメーカーの米GHI社と協議の上、一定数量以上の受注が見込めれば例外的に生産完了品のuALFATを供給してもらえるよう交渉をし、暫定的な合意を得ました。GHI社はもともとのマイコンメーカー及び、そのマイコンにファームウエアを書き込む工場に打診して再生産の要請をしました。そのところ、1トレー単位であれば生産を引き受けるという回答を得ました。1トレーはuALFATの場合には250個となっています。
250個未満ではメーカーが生産に応じないため、取り扱いができません。

つきましては、uALFATをご希望のお客様はお手数をおかけ致しますが下記より、お問い合わせを頂けますようお願い致します。数量、納期、単価などをご快諾頂ける場合にはメーカー交渉後、お取り寄せさせて頂きます。

なお、お問い合わせを頂いた後、メーカーにその旨を報告し受注の可否を問い合わせ致します。場合によっては、ご注文が受け付けられない場合もございますこと、何とぞご理解の程よろしくお願い申し上げます。

■uALFAT Chipset ファームウエアバージョン3.13
最小発注数量:250個〜
単価:3,680円(税込み)
納期:受注後120日程度

※数量割引はございません。また、250個が1トレーとなるため、250個未満のご注文は承れません。

■USBH-ACS20 USBメモリーシリアル制御ボード
最小発注数量:250台〜
単価:7,850円(税込み)
納期:受注後120日程度

■MSC-MOD60 SDカードシリアル制御ボード
最小発注数量:250台〜
単価:6,850円(税込み)
納期:受注後120日程度

■MSC-MOD10 microSDカードシリアル制御ボード
最小発注数量:250台〜
単価:5,980円(税込み)
納期:受注後120日程度

製品をご希望の場合には、お手数をおかけ致しますが下記よりお問い合わせをお願い致します。
追って、担当者より受注の可否等ご案内させて頂きます。

support@microtechnica.net

お問い合わせの場合には、製品名とご希望数量(最小数量以上、250個単位)をお書きください。
オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです