マイクロテクニカ製品サポートFAQ
[一覧] [1つ前に戻る] [マニュアル及び各種ダウンロードページへ]
mikroCの使い方の質問等について
mikroCの使い方、プログラミングの内容、エラーの内容等ご質問はすべて開発元(mikroElektronika社)の公式サポートフォーラムにて行っております。
マイクロテクニカでは直接のサポートは行っておりませんので、予めご了承頂けますようお願いいたします。

http://www.mikroe.com/forum/viewforum.php?f=88

上記フォーラムより類似した投稿がないかをまずは、検索して確認ください。記事の検索は、上記ページの右上にある"Search"をクリックし"Search for keywords: "の部分に単語を入力します。

単語はなるべくシンプルにし、複数の語句をAND検索する場合にはスペースで単語を区切ります。

検索範囲を、mikroCだけに絞る場合には、その下にある"Search in forums:"で"mikroC PRO for PIC"をクリックして選択し、ハイライトさせます。
その状態で"Search"ボタンをクリックすると、該当する記事が検索され表示されます。

mikroCは世界で使用しているコンパイラでユーザーは膨大です。フォーラムにも過去の膨大な記事があり、ほとんどの問題はここで解決できます。先人が体験した問題はほとんどがフォーラムで質問され、回答が付いています。

エラーメッセージについて知りたければ、Googleの検索を利用してください。
「mikroCでビルドしたらエラーが出た!」その解決方法が知りたければ、そのエラーメッセージ(赤文字で表示された部分)をコピーしてGoogleで検索してください。
ほとんどの場合、エラーの例や解決方法、どういったエラーなのかを書いたページがヒットします。まず検索できない例はないと言ってよいでしょう。
「エラー内容はよく読む」ということとそれでも分からなければ「エラーメッセージはGoogleで検索する」。
この2つで自己解決できることがほとんどです。


もし、どうしても自分で解決できないという場合にはユーザーフォーラムに記事を投稿してください。
ユーザー登録さえすれば、誰でも記事を投稿できます。ユーザー登録を行う場合には、同ページの左上にある"Register"をクリックし、内容に従い登録を行います。登録が完了すると、新規投稿及び既存記事への返信ができるようになります。

要点をまとめて簡潔に書きます。プログラム例があるなら一緒に投稿します。但し、プログラムを長々と投稿しても誰も読む気がしないものです。
問題となっている部分を中心にできるだけ簡潔に、不要な部分は削って、要点になりそうな部分だけを投稿するようにしてください。たまに「延々と自分で書いたプログラム」を投稿している例が見受けられますが、回答が付きにくいです。誰も「どこに問題があるか分かりにくい」プログラムは読みたくありません。特に人の書いたプログラムは読むのが面倒です。

英語ができない!という方もいらっしゃいます。
確かに日本語で投稿するよりレベルは高いですが、翻訳ツール(Google翻訳)を利用してください。
長い文書や主語述語があいまいな文章は誤訳が多いですが、単文にして翻訳させると高い精度で翻訳できます。
長い文章が書けないのであれば、箇条書きにしてしまうといいでしょう。
1・・・、2・・・ など。


それでもまだ分からない、どうしても担当者に直接聞きたい、という方はメーカーの開設しているサポートチケットを使って下さい。
サポートチケットとは、直接サポート担当者とメールできる機能です。
ユーザー登録して下記のリンク先に行って下さい。"Helpdesk"というのがあります。"Submit your request"をクリックして、右上にある"Start a conversation"をクリックしましょう。
"Technical Support"を選択してメールを送れます。

http://www.mikroe.com/esupport/


ライブチャットの機能もあります。
英語で簡単な単文がすぐに打てるならば、ライブチャットを利用してもよいでしょう。
リアルタイムで担当者とやりとりできるので、フォーラムなどより迅速に問題を解決できる可能性があります。ただ、チャットは長いプログラムを送るのには適していません。ちょっとしたことを聞きたいときのみ使うようにします。なお、メーカーはセルビアです。セルビアの現地時間の営業時間内しか使えません。


デバッグ作業やプログラムを検証する作業、プログラムを考える作業は原則「プログラムを作る人がする仕事」です。他人がする仕事ではありません。プログラムを作る人は自分で問題解決をできる力が必要です。その問題解決の手助けとしてフォーラムやメーカーサポート、ライブチャットがあります。

フォーラムのマナーとして、過去の事例から次のような行為は嫌われます。
※フォーラムで注意や苦言が呈されています。

・デバッグ作業をフォーラムに丸投げする行為は嫌われます。
→デバッグはプログラムを作る人の仕事で、他人の仕事ではありません。

・○○をするようにしたいのでプログラム例を教えて下さい、という行為は嫌われます。
→自分で考えたのか?自分でちゃんと調べたのか?試したのか?と聞かれることがあります。
→プログラム例をネットで自力で探すのもプログラムを作る人の仕事です。

・エラーメッセージが出ちゃいました。これ何ですか?は嫌われます。
→エラーメッセージの文章でGoogle検索したら出てくるでしょ?と言われます。
→ちゃんと自分で解決しようと、手を尽くしたのか?なぜネットで検索しないの?と言われます。

・長いプログラムの投稿は嫌われます。誰も読みたくありません。
→デバッグの基本はプログラムを短くしていってエラーを切り詰めていくことです。
エラーの出ていない部分はいったんコメント行にするなどして短くして、問題の箇所に絞り込んでビルドしてみます。必要ならば別のプロジェクトを作って問題が起きている部分だけを切り出して実験してみます。
他人が作ったプログラムは読みにくいものです。核心でない部分まで長々とプログラムをコピー&ペーストして貼り付けても誰も読みたくありません。

オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです