マイクロテクニカ製品サポートFAQ
[一覧] [1つ前に戻る] [マニュアル及び各種ダウンロードページへ]
UART通信時のフロー制御とデータ欠落の防止について
MSC-MOD60では、制御インターフェイスにUARTとI2Cを選択することができます。

このうち、UART通信は配線も比較的簡単でTX線、RX線をホスト機器と接続して使用する2線式UARTで通信をする場合が多くあります。

しかし、この方法は通信速度が高速化したり、一度に送るデータ量が多かったりすると、場合によってはデータの欠落が発生することがあります。こういった場合には、CTS/RTSを用いたハードウエアフロー制御が必要となります。

お客様のご使用環境・ご使用アプリケーションにおいてハードウエアフロー制御が必要かどうかご検討の上、システムを設計して頂けますようお願いいたします。

下記にフロー制御に関する補足説明書を掲載致しましたので、ご一読頂き、システム設計の際に参考にして頂けますようお願いいたします。

http://www.microtechnica.tv/support/manual/msc-mod60_handshake.pdf

オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです